ホーム > うずら精肉 > 『シャントゥ・カイユ』冷凍タイプ

『シャントゥ・カイユ』冷凍タイプ

『シャントゥ・カイユ』冷凍タイプ

販売価格 1,000円(内税)
購入数

商品特徴

最も肉質の良い時期にエトフェ(窒息締)し、湯剥きした精肉を1羽ずつ真空パックし、冷凍保存していますので美味しいお肉を一年中安定してお届けできます。

 

モトキのフランスうずら『シャントゥ・カィユ』とは・・・


フランス語の"Chante Caille"(シャントゥ・カィユ)を直訳すると「歌ううずら」。

このお肉を食べた人が、にんまりを通り越してハミングしたくなるほど美味しいうずら肉にしたいという想いを込めたネーミング。

美食の国フランスはブルターニュ地方で飼育されている由緒正しきうずらです。

フランスのうずら農家を直接訪ね交渉し、種を拡散しない事を条件に日本での繁殖許可をいただきました。そして、日本で初めて正式に輸入し試行錯誤の上、飼育・繁殖に成功させました。

日本で飼育されている烏骨鶏やダチョウより遥かに希少な品種です。



「健康なうずらが安全で美味しい卵を産む」という企業哲学に則り、より健康な飼育方法を追求し日々試行錯誤を重ねています。

親鳥も卵も約70%が水分なので、まずこだわったのが「安全な水」。うずらが飲む水は、衛生的な水道水を循環装置でミネラル化し、強い磁場を通すことで水のクラスターを小さくし、腸への栄養吸収力を上げる役割をします。

そして、うずらの免疫力を上げるために腸内環境を整える調整剤(バチルス菌主体)を餌に添加しています。この調整剤は、サルモネラ菌を体外へ排出する効果が謳われています。

また、卵や肉の味は、うずらが食べたものに影響されるので、フランスワインの絞り粕を食べさせることで、肉の臭みや卵特有の生臭さを抑え、卵のクリーミーな味わいをつくりだしています。

更に産卵の時間帯にはモーツアルトの楽曲を聴かせホルモンの分泌を促しています。


こだわりの成果? 現在では、本場フランスのうずら肉を使用していたフレンチやイタリアンの一流シェフに『シャントゥ・カィユ』を好んで使っていただけるようになりました。

また、テレビ番組で有名シェフに埼玉県を代表する食材として紹介していただいたり、大手航空会社の機内食の食材に抜擢されたこともあります。

一度ごお使いいただければ、きっとその旨味を実感していただけることと確信しております。



このお肉の特徴は、サラッとして豊富な肉汁。旨味が凝縮された肉汁をお肉の中にいかに留めておけるかが、美味しくいただくコツです。

本来の味を楽しまれたい方は、あまり主張する食材と合わせると、シャントゥ・カィユの繊細な味が損なわれてしまいます。お野菜なら火を入れると甘みが出るネギ系の食材がお奨めです。

調理の火を止める寸前の「塩」のみで、まるで調味料を加えたかのような複雑な旨味をシャントゥ・カィユから引き出すシェフがいます。

このお肉を活かすも殺すも火加減次第。「火」と「塩」でお客様の腕前を試してみませんか?



※ シャントゥ・カィユのみのご注文は冷凍便でのお届けになりますが、常温品や冷蔵品と合わせてお買い求めいただく場合は、冷蔵便でお送りしますのでお早めにご使用ください。

品質が急激に劣化しますので、絶対に再冷凍はしないでください。